Skip to content →

すそわきが男の臭いの発生源の場所の探し方

すそわきがはアポクリン汗腺から分泌される成分が関わっていますから、男がすそわきがの発生源を探す場合には、汗をかいて蒸れる場所を見つけることが先決です。くぼみや皮膚のシワが多い部分、太っている場合などは、肌と肌が密着したままになりやすく、通気性が悪い部位で雑菌が繁殖しやすくなります。

男の場合は、ズボンを着用している時間も長いので、より通気性の悪さにつながり、雑菌の繁殖しやすい環境を作ってしまいます。アポクリン汗腺から出る汗は、アンモニア成分や尿素等もともと臭いがある成分が多く含まれていて、それがさらに雑菌によって分解されてしまうため、臭いを強くしてしまいます。

汗の量が多いと、下着に黄ばみとして残りやすくなります。すそわきがの臭いがするほどだと汗の量も多くなっていますから、男の人は白色の下着は使ってみて、黄ばみが強く残る部位を見つければ発生源の場所を特定することも可能です。ブリーフやボクサーパンツなどの密着して履く下着のほうが、トランクスなどの通気性が良い下着より正確な位置を判断しやすくなります。

男は、夏場になると蒸れて痒くなったり、汗疹ができる部分もある程度決まっていますから、それも汗の分泌が多くなっている部位の証拠になるので、すそわきがの臭いの発生源といえる場所です。足と足の間のIゾーンと呼ばれる部位だけを注目しがちですが、お尻の方も汗が出て湿度が高くなる部位ですが、下着の黄ばみとしてはあらわれにくいので注意が必要です。

Published in 悩み

Comments are closed.